自己肯定感を高める方法!子どものできた喜びが10倍UPするハイタッチ!

自己肯定感とハイタッチ

 

自分で自分にOKだよ~❤をあげることができる自己肯定感

子どもの自己肯定感はどのようにして育まれるのでしょうか。

 

 

そのアプローチの1つとして、幼少期からの『認めてもらう経験』が非常に重要になってきます。

 

何かに取り組んだ後に、「やったね!」「できたね!」「頑張ったね!」

と認める言葉をかけることで、達成感・喜びを大いに感じることができます。

 

 

そこに+@としてハイタッチを取り入れることで、その喜びが格段にアップします。

 

 

というわけで、

今日はその”ハイタッチ”の魅力や実践法に迫っていきましょう!!

 

 

 

ハイタッチの魅力

 

まず、ハイタッチとは、、

 

“2人が同時に頭の高さで互いの手のひらを平手打ちをするような動作。称賛・祝勝を意味するジェスチャーである。”

(Wikipedeaより)

 

 

ハイタッチの起源はスポーツだと言われています。

確かに、得点が決まったときに仲間同士でハイタッチをする姿はよく見られますよね。

 

『やったね!』『ナイストライ!』『ありがとう』

というメッセージをスピーディに、言葉以上に伝えることができるのがこのハイタッチ。

振り返ってみると、自分自身も中高の部活の試合でよくやっていました!!

 

 

そんなハイタッチの、特に伝えたい魅力は以下の3点です。

 

 

顔を見合わせることができる

 

スマホやテレビなどの媒体が普及した世の中では、大人も子どもも何かを見ながら会話する、何かをしながら関わるということが増えてきていることと思います。

目と目を合わせて顔を見合わせる瞬間を多く設けることで、見てもらえている安心感や喜びをしっかり感じることができます。

 

 

ただ、常に一緒にいてずっと顔を見合わせることがいいのではありません。

 

量より質

一瞬でもいいから継続的に取り入れること

 

が大切だと考えています。

 

 

その点ハイタッチは、顔を見合わせ心を寄せ合う瞬間を作りやすいのではないでしょうか。

 

 

 

感情を共有できる

 

 

子どもが何かを達成できたときに、

「すごいね!」と声をかけるのと、

「すごいね!」と声をかけてハイタッチをするのとでは

どのような違いがあるか。

 

 

行動(ハイタッチ)を起こすことで言葉に感情が上乗せされます。

行動を起こすことで表情もほぐれて相手も自分も嬉しい気持ちを感覚的に受け取ることができます。

 

思いを共有できるというのは大きなメリットかもしれませんね。

 

 

 

一瞬でも肌のぬくもりを感じることができる

 

 

五感の中でも触覚はとても過敏な感覚です。

人間が受精卵のときに、皮膚と脳は同じ細胞層から生まれたので、皮膚からの情報はダイレクトに脳にリンクします。

 

触覚からの直接的な情報として肌のぬくもりを感じられる場をもつことで、言葉だけよりも安心感や心地よさを感じることができます。

 

 

好循環を生み出すことができる

 

ハイタッチをして『認められて嬉しい』と思った記憶はしっかり心に残ります。

子どもにとって、親が喜ぶ顔を見ることは至福のときだからです。

 

 

そんな経験をすると、自然と、もう一度認められたい!という欲求が生まれ、

それがいい行動の好循環になっていきます。

 

 

ダメ!と伝えても行動は繰り返されていくという悪循環より、

いいね!と伝えてハイタッチをしていい行動が繰り返される好循環にしていけたらいいですね。

 

 

 

ハイタッチを実践していくにあたって頭の片隅においてほしいこと

 

 

ハイタッチをするときのシチュエーションの例としては、

 

・何かを達成したとき

・嬉しいことがあったとき

・上手くできたとき

、、、、などなど。

 

そんなときに、「すごいね!」「やったね!」「かっこいいね!!」等と言葉をかけながらイェーイ!感情をのせて楽しんじゃってください!!

きっと、大人も子どもも感情が揺れ動き、嬉しさは倍増すると思います。

 

『一日の頑張ったこと発表会』の場を作り、毎回ハイタッチをする習慣にしてもおもしろいかもしれませんね!

 

 

 

ただ、ハイタッチをするときは何かいい結果があったときにフォーカスしがち。

たとえ失敗をしたとしても頑張った過程にこそ大きな意味があります。

 

そこをしっかり受け止めることがとても大事だと考えています。

 

上手くいかなかったときでも、「頑張ったじゃん!」「次が楽しみだね!」等と前向きな言葉とともにハイタッチを交わしてもいいかもしれないですね。

 

まとめ

 

ハイタッチはたくさんの魅力が詰まってお手軽に実践できるコミュニケーション法です。

ハイタッチには年齢制限はないので、子どもが大きくなっても継続できるのも魅力的(^^♪

 

簡単なことからでもお子さんとの関わりの中に取り入れてみると面白いかもしれません!

 

ちなみに、私の勤務している保育園では、出勤時と退勤時に職員同士でいつもハイタッチをしています。

忙しい毎日の中でも、ふと一緒に仕事をしている大切な先生たちのあたたかい手のぬくもりを感じる瞬間のおかげで心が安らいだり、よいチームワークにつながったりしています。

人間関係にも好循環をもたらすことができるハイタッチ。大人同士でもとてもお勧めです。

 

ちなみにぎゅぎゅっとダンスでも、振り付けの中にハイタッチをたくさん取り入れて、遊び感覚でふれあいを楽しめる内容となっています♡!

 

 

ハイタッチを通して、大人も子どももたくさんの『認め愛(合い)』が広がっていきますように。

 

親子のスキンシップ実践編!『こちょこちょ遊び』のススメ

こちょこちょ遊びとは?

 

 

「うしし、、、そ~れ、こちょこちょこちょ!!!」

 

「キャーーー!!!アッハッハーー!!!くすぐったいよー!!」

 

 

はーーい、みなさん!

 

こちょこちょされた経験がありますでしょうか?、

 

 

あと、何とも言えない全身のこそばゆい感じと、

それに伴って止められない笑い、ドキドキ。

「やめてー!」と言いながらも面白くてたまらない。

 

このこちょこちょ遊びは、実はとても奥が深いんです!

 

 

何気なく子どもとの関わりの中で遊びとして取り入れられていますが、

日本でも古くから遊び歌の中でこちょこちょ遊びが広がっていたのです。

 

 

 

昔から注目されていたことが分かりますね!

この、『こちょこちょ遊び』について、効果効能や実践例を見ていきましょう!

 

 

 

 

 

何故、自分でこちょこちょしてもこそばくないのか

 

 

それは、自分の脳で予測できるからです。

 

「今からわき腹をこちょこちょする」と自分で思いながらしても、

タイミングや場所、テンポや長さなど

全部自分が分かっているから刺激が低いんですね。

 

 

じゃあ、カギになるのは、

 

『他者にしてもらう』

 

『予測できない動き』

 

ということになります。

 

 

 

こちょこちょとコミュニケーションの関係性

 

 

こちょこちょ遊びは

人と人との間に『笑い』『声(会話)』

が自然発生します。

 

「笑い」はとっても共感性の高いものです。

1人で笑うより、誰かと笑ったり、笑いかける相手を求めたりします。

 

 

こちょこちょ遊びでは、

人と人との関係性を強める瞬間

遊びの中で経験できるんですね!

 

 

 

こちょこちょの効果、効能

 

では、

そんなこちょこちょ遊びの効果効能を見て、

メリットを意識しながら実践してみましょう。

 

 

笑い、楽しいを共有できる

 

 

『たのしいね!!!』

『おもしろいね!!!』

と思う経験の積み重ねってとっても大事。

 

その瞬間を親子で一緒に共有できるのがまさに、

こちょこちょ遊び。

 

 

おもしろいテレビを見て一緒に笑ったり、

お笑い芸人のネタを見て一緒に笑ったりするのもいいけど、

やっぱり一番は、

一緒に体験して一緒に笑うこと。楽しむこと。

 

 

こちょこちょ遊びは向かい合って顔や体を見合ってやりますよね。

 

スマホやテレビやゲームなどいろいろなメディアが発達している現代だからこそ、これがとっても大事です。

 

画面を通したものよりも、

直接体験!!!

 

心と心をすり合わせ、

目と目を合わせ、

言葉と言葉を交わし、

体と体で触れ合い、

笑いと笑いで楽しい時間を過ごしてください!

 

 

 

親密感アップ♪

 

肌と肌の触れ合いがあることで、

オキシトシンが最大級に分泌されます。

 

そのことによって様々なメリットがあるのですが、

(参照:3分で分かる!『子どもとのスキンシップが大切な理由と簡単実践法』)

特にこちょこちょ遊びでは、

親密度がアップします。

 

 

一緒に遊ぶ楽しい時間の繰り返しの中で、

 

「私と思いっきり関わってくれてる♡」

「僕といっぱい遊んでくれてる♡」

 

と子ども自身が思うことができます。

 

 

そして、

子ども達が一番見たいのは、

大好きなお母さんお父さんたちの笑顔

 

 

0歳の赤ちゃんだって、大人の表情をよく見ています。

大人が笑ったらそれに合わせて笑うという

社会的微笑という現象もあるぐらいです。

 

 

それほど、

よく見てよく感じている子ども達。

 

 

笑顔の共有で、

自然と親密度をアップさせちゃいましょう♪

 

 

 

ストレス発散&リラックス

 

笑うことは一番の健康的な薬。

 

笑うだけで

30%ほど、免疫機能が高まるそうです。

 

そして、

ウイルスやがん細胞などの体に悪影響を及ぼす物質を排除する

ナチュラルキラー細胞も活性化されます。

 

さらに、

自然と深い腹式呼吸になることで、副交感神経が優位になり、

心身が落ち着いてリラックス状態になります。

 

つまり、笑うことによって、

不安や緊張から解き放たれ、
ストレス発散やリラックスなどの効果が期待できる

という訳です。

 

 

これを親子で体感できるってとても素敵ですね!!

 

 

 

 

簡単!こちょこちょ遊び歌

 

 

さて、ここで、

有名どころのこちょこちょ遊び歌を2つだけお伝えします!

 

1、いっぽんばしこちょこちょ

☆おすすめポイント☆

「階段上って~~~、、、

降りてきて、、、、、

もいちど上って、、こちょこちょこちょ!!!」

と焦らしてみるのも楽しいですよ(^^♪

 

 

 

2、きゅうりができた

☆おすすめポイント☆

頭から足のつま先までいろんなところを触ってみてもいいかもしれないですね(^^♪

 

 

 

 

保育の中で

 

 

こちょこちょ遊びが本当に大好きで、

自分自身の保育の中でもよく取り入れています。

 

一人一人、

こちょこちょされたいツボが違ったり、

タイミングが違ったり、

求める長さが違ったりするなぁと感じています。

 

「ゆうちゃん、こちょこちょやって~!」と言われると、

非常に燃えます(笑)

 

ちょっと悪い顔をして、

「どこをこちょこちょしてやろうかな~」と自分自身がとてもワクワクしているので、

子ども達にもそれが伝わっているのかも。

ちょっと焦らしてみたり、一気にスピードをあげたりアレンジしています!

 

大人も子どもも笑いが絶えません!

 

子ども達もゆうちゃんに仕返しをしにきてくれます!!

これがまた至福の時(笑)

 

そんな中で、子ども達との関係性を築いていっているのかなと思います!!!

 

 

「楽しい」の共有は最強!!!!

 

 

 

!注意点!

 

 

こちょこちょ遊びは、

体全身に快と不快を一気に感じるため、

もしかしたら得意不得意があったり、

『楽しい!』と思えるちょうどいい時間の長さ違ったりします。

 

 

「やーめーて!!!」

と言って笑いながら拒否することもあると思いますが、

それは、もっとやってほしいけどあえて言っているかもしれないし、

ほんとにやめてほしいかもしれません!

 

難しいですが、そこは見極めて、

しつこすぎず、

求めているタイミングを感じながらやっていきたいですね♪

 

ゆうちゃんも日々勉強中です!!

 

 

 

僕自身も、こちょこちょされるの好きだけど、

「笑い過ぎて本当に口から何か出そうだからやめて!」

と思うときがあります(笑)

 

 

 

まとめ

 

 

遊びの中でたくさん触れ合って愛を感じあえて、

人とのコミュニケーションを最高に楽しめるこちょこちょ遊び。
みなさんも是非やってみてくださいね!!!!

そして、

おススメのこちょこちょ遊びのやり方があったら是非教えて下さい☆

 

最後までお読み下さりありがとうございました!!

 

スキンシップがすごい!子どもの自己肯定感を育む効果盛りだくさんなワケ

はじめに

子どもとの関わり、
見たり話したり聞いたり微笑みかけたり様々な方法でコミュニケーションをとっていて、
どれも大事なことですよね。
そのコミュニケーションの中でも、

とってもとっても重要なのが、
『触れる』
ことです。
『タッチケア』や『ベビーマッサージ』などの言葉が巷でよく耳にすることもあり、

子どもに意識して触れるようにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

では、
なぜ、『触れる』ことが大事なのか、
いったいどんな効果があるのか、
いつまで触れたらいいのか、
本と自分の経験談、考え方を交えながらお話していきたいと思います。

 

皮膚は脳は二卵性双生児!?

いきなり、生物学的なことになりますが、

ついてきてくださいね(笑)
人が生まれる前の受精卵のとき、細胞層から臓器を作り出すのですが、

そのとき、一番外側の細胞層から一緒に作り出されるのが
『脳』と『皮膚』なんだそうです。
イメージとしては、

内側の『脳』を外側の『皮膚』

が包み込んでいるみたいな感じ。
このことから、
皮膚からの情報を脳がダイレクトに受け取る

ということが言えます。
スキンシップによって肌からのよい刺激があることで、

脳に直接伝わって、

よい発達を促してくれることは間違いありません。

 

で、スキンシップがなんでいい刺激やねん?

スキンシップをして肌と肌との触れ合いがあることで、
脳の中に『オキシトシン』というホルモンが分泌されます。
これは一体何かというと、
ストレスに打ち勝つことができる、

愛と幸せに満ち溢れた魔法のようなエネルギー
です。
こんなエネルギー、今すぐ欲しくないですか?
僕も今すぐ、欲しいです(笑)
このエネルギーが、私たちにいったいどんな効果を与えてくれるのか、

もっと詳しく見ていきましょう!!

 

オキシトシンがもたらす効果は?

 

○安心感に包まれる
○最大の承認を受けることで自己肯定感が高まる
○不安や恐怖を減らす
○幸せな気分になるのでストレスに強くなる
○人への信頼感が増し、社交的になる
○記憶力や集中力が高まる

 

お!最高!これはすごい!!
私も欲しい!!
と思ったそこのあなた。
次の章をご覧下さい♡

 

大人でも手遅れはない???

そうなんです。
このホルモンは、大人でも子どもでも、同じ。
分泌させる最大の方法は
思いやりのあるスキンシップです。
あなたは何か悲しいことがあったとき、

友達やパートナーがただただ抱きしめてくれて救われた経験はないですか?
そのときに、実は、

オキシトシンが大量発生していました。

思いやりのあるスキンシップは、
「自分を受け止めてくれる人がいるんだ」

「自分って愛されているんだ」

「つらいこともあるけど生きていきたい」
こんな風に思えるきっかけになる、

世界一あったかい魔法かもしれないですね。
まさに生きていく力の根底だと思います。
これから益々生きにくいであろう時代を生きていく現代の子どもたち。
小さいときから生きていく力を育んでいきたいですね。

 

簡単!!!スキンシップ実践方法♪

子どもにハグやハイタッチなどのスキンシップをとり、愛を伝え合い感じ合う、
具体的なスキンシップ法を見ていきましょう!!

 

求めてきたときには1分でもいい!ハグをする!

よりによって忙しいときに、「ママ抱っこ(´;ω;`)」と求めてくるときもありますよね。

「あとでね」と言いたくなるところですが、、、、

5分だけでいい、
いや、
1分だけでもいいので時間を作ってください。
何もせずに何も考えずに、
ただ、子どものことだけ思ってハグをする。

子どもは少しの時間でも受け止められて安心感に包まれ、

親も一呼吸置くことで心を落ち着かせることができ、

両者にはオキシトシンがたっぷり分泌されています。

 

ふれあい遊び、こちょこちょ遊び等を楽しむ

いろんな歌に合わせて体に触れたり、こちょこちょ遊びをしたり、

遊びの中でスキンシップを楽しみながら実践できます!!
音楽があることで親しみをもてるし、気分転換もできるのでおススメです♪
Youtubeで「ふれあい遊び」と検索してみて下さい。

たくさんありますよ♪
ちなみに、

ゆうちゃんのぎゅぎゅっとダンスも体を大きく動かしながらスキンシップを楽しめます☆ミ

 

触られることを拒まない

触れられるだけではなく、

子ども自身も、親に触れることでも自分の手の平を介して刺激されます。

触れてもいい、拒まれないという安心感が、

自分の自己肯定感や、

自分の触れられる許容範囲にもつながります。

子どもが求めていたら、是非、いろんなところを触らせてあげて下さい。

 

逆に触れられるのが嫌な人は、、、、

ここまで触れることの大切さやその実践について話してきましたが、

そもそも触れられることに抵抗がある人もいると思います。
もしかしたら幼少期から触れられる習慣がなかったかもしれないし、
何かトラウマ的なことがあったのかもしれません。
その場合は、無理に触れたり触れられたりしなくてもいいんです。

『自分自身が心地よい感覚』
を感じていることが大事ですから。
ただ、スキンシップは子どもの育ちにおいて本当に大切です。
少しずつ、

ゆっくりでいいので、

触れてあげる回数を増やしていけるといいですね。

 

ちなみに、、、、ゆうちゃんの実体験♪

ゆうちゃんは、

小さいときからずっと親からのたくさんのスキンシップと愛を受け取ってきました。
父のすね毛にまみれた足に挟まれて動きをとめられてこちょこちょされたり、

階段をのぼるときは後ろにいる両親から毎回お尻を触られたり、

ほめるときは頭をなでられたり、

ほどよくカンチョウされたり、、、、
そんな中で常に安心感と認められているという自信をもちながら

楽しく生きてきました。
よくないかもしれませんが、

たいして反抗期を迎えることはありませんでした。
ただただ笑って、何か困ったことがあれば相談して、

大人になりながら少しずつ自立していって、、、、。
家は常に安全基地でした。
でも、いけないことはしっかり教えてくれました。
でも、ずっと味方でいてくれました。
だからこそ、

やりたいことは何でもチャレンジして、

中学生のときからずっと保育士を志したり、

夢をもって徳島から上京したり、

できたのかなと思います。
まだまだ未熟者で、もちろん失敗もあるし、夢の途中ですが。
そして、

保育士となった今では、日々子どもたちと激しくスキンシップで愛を伝え合い、

「だいすきだよ」と言葉と行動で発信する側になりました。
愛にあふれた幸せ空間で、毎日、部屋中がピンク色です。

全て、親のおかげだと思っています。
自分がよく育ったとは思いません。
まだ20数年しか生きていない分際の私が、これが子育ての全てだとも言えません。
ただ、愛をもって育てられたという自信はとてつもなくあるのです。

 

まとめ

スキンシップによってオキシトシンが分泌され、
愛と幸せに包まれることを自分自身も改めて整理できました
スキンシップについて、
何か一つでも知っていただけたら幸いです(^^♪

最後まで読んでくださってありがとうございました!